アルツハイマー病になった大統領|ロナルド・レーガンの手紙

1994年11月5日、アメリカのロナルド・レーガン元大統領は、アメリカ国民に向けた手紙で、自分がアルツハイマー病と診断されたことを公表しました。

My fellow Americans,

親愛なるアメリカ国民のみなさんへ。

I have recently been told that I am one of the millions of Americans who will be afflicted with Alzheimer's disease.

私は先日、アルツハイマー病をわずらう何百万人ものアメリカ人の1人だと診断されました。

Upon learning this news, Nancy and I had to decide whether as private citizens we would keep this a private matter or whether we would make this news known in a public way.

この事実を知ったことで、ナンシー(妻)と私は、このことを個人的な問題として留めておくべきか、それとも広く公表するべきか、決断する必要がありました。

In the past, Nancy suffered from breast cancer and I had cancer surgeries. We found through our open disclosures we were able to raise public awareness. We were happy that as a result many more people underwent testing. They were treated in early stages and able to return to normal, healthy lives.

これまでも、ナンシーは乳ガンに苦しんできましたし、私自身もガンの手術を受けてきました。その時の経験から分かったことは、私たちが事実を広く公開することで、みなさんの意識を高めることにつながったということです。とてもうれしいことに、結果としてより多くの方々が検査を受けてくれました。そして彼らは早期段階で治療を受けることができ、ノーマルで健康的な生活に戻ることができたのです。

So now we feel it is important to share it with you. In opening our hearts, we hope this might promote greater awareness of this condition. Perhaps it will encourage a clear understanding of the individuals and families who are affected by it.

だから今回も、私たちは事実をシェアすることが大切だと考えています。私たちの告白によって、この病気に対してより大きな関心が払われることを望んでいます。そうすればアルツハイマー病に苦しむ方々やその家族についての正しい理解が広がるでしょう。

At the moment, I feel just fine. I intend to live the remainder of the years God gives me on this earth doing the things I have always done. I will continue to share life's journey with my beloved Nancy and my family. I plan to enjoy the great outdoors and stay in touch with my friends and supporters.

現在のところ、私はとても元気です。私は神が与えてくれた残りの時間を今までどおり過ごしていこうと思っています。最愛の妻ナンシーや愛する家族と一緒に人生という旅を続けていくつもりです。大自然をエンジョイしたいとも思っていますし、友人や支持者のみなさんとも離れたくないと思っています。

Unfortunately, as Alzheimer's disease progresses, the family often bears a heavy burden. I only wish there was some way I could spare Nancy from this painful experience. When the time comes, I am confident that with your help she will face it with faith and courage.

残念なことですが、アルツハイマー病の進行に伴い、患者の家族には重い負担がのしかかります。私はどうにかして、ナンシーに辛い思いをさせたくないと思っています。みなさんの助けがあれば、その時が来ても、彼女は信念と勇気を持って、事実に向き合うことができるでしょう。

In closing, let me thank you, the American people, for giving me the great honor of allowing me to serve as your president. When the Lord calls me home, whenever that may be, I will leave the greatest love for this country of ours and eternal optimism for its future.

最後に、感謝の気持ちを伝えさせてください。アメリカ国民のみなさん、みなさんの大統領として仕事ができて、この上なく光栄でした。私が神に召される時でも、それがいつになるかは分かりませんが、私は、私たちのこの国への心からの愛と、未来への明るい希望を忘れることはないでしょう。

I now begin the journey that will lead me into the sunset of my life. I know that for America there will always be a bright dawn ahead.

私はこれから人生の黄昏に向かって旅立ちます。私の目指す先には、いつもアメリカの輝かしい夜明けがあります。

Thank you, my friends.

Sincerely,

Ronald Reagan

みなさん、ありがとうございました。

愛を込めて。

ロナルド・レーガン

(訳:ボケナイン)